スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2トラックバックテーマ 「歳とったなぁ…と思うとき」

  • 2005/10/14(金) 22:52:30

「歳とったなぁ…と思うとき」は、いっぱいありますね。
体力の衰えは想定の範囲内なので特に書きません。ただ精神面が衰えたのは想定の範囲外でした。特に物欲が衰えたのは驚きです。たとえば昨日、携帯を機種交換しました。デジタル・グッズ大好きなので、何か買えば大喜びしたんですけどね。何を買うか比較検討するのが好きだし、買ってからマニュアルを読み込んで使いこなすのも大好きでした。でも今回は全然嬉しくないです。覚えるのもおっくうなだけ。性格が変わったものです。TVもチューナーが壊れても、欲しくないから買い換えない。今年、車を買い換えたんですが、別に嬉しくもない。

昔は物欲の塊で、自分でも持て余してたんですが、実際物欲がなくなると、淋しくなるものです。なんか、人生がつまらなくなった気がします。

テーマがテーマなだけに、暗い記事になってしまったけど、・・・いいのかな?

スポンサーサイト

FC2トラックバックテーマ 「修学旅行の思い出」

  • 2005/09/29(木) 22:51:18

私の時は、生徒が自分で自分の食べる分のお米を各自持って行き、旅館の人がそのお米でご飯を炊いてくれたものです。なんせ当時は食糧難なもので、それが普通でした。

・・いや冗談です。今の話は自分の親世代の話でした(笑)でも、戦後すぐの修学旅行の話としては実話です。次世代の若者に伝えたくて書きました。←おおげさです

ウチの高校は変わっていて、修学旅行は京都コース・北海道コース・尾瀬コースの中から、自分で好きなコースを選べるんです。自分が選んだのは北海道でした。理由は、京都は将来いつか行くはず、でも北海道はこのチャンスを逃したら一生行かないはずと考えたからです。

でも、おもいっきりハズしました。この歳になっても京都には行ってません。将来行く予定もなし。京都に一度も行ったことのない日本人の大人って、日本に何人いるんでしょうか?私はその少数派の1人です。良く考えたら、ここは東北地方です。東北の人にとって京都って修学旅行くらいでしか行かないものです(根拠の無い断定)。逆に北海道は近い、近い。高校時代の自分ってアサハカでした。

修学旅行の思い出は、札幌の大通り公園で焼きとうもろこし食べたら、意外とマズかったこと。あと、ラーメン横丁で混んでいるお店は並ぶのがイヤだから、空いてるお店で札幌ラーメンを食べたら意外とマズかったこと。あと、熊牧場の熊が強烈に臭かったこと。なんだか、ろくな思い出も無いけど、それでもけっこう楽しんだ修学旅行でした。

FC2トラックバックテーマ 「連休は何してた?」

  • 2005/09/28(水) 22:56:09

久しぶりにFC2トラックバックテーマに参加します。
テーマは「連休は何してた?」 
答えはもちろん「仕事してた」です(笑)

マスコミは、連休連休と騒ぎすぎで困ります。
ニュースは言います・・「今日は連休初日、各地で・・・」
ニュースは言います・・「今日は連休2日目、家族連れが・・・」
ニュースは言います・・「今日は連休最終日、行楽地は・・・」

第3次産業就業者(サービス業)にとって祝日は稼ぎ時です。連休どころの話じゃなくて普段より忙しいくらいです。いや、私の職場は祝日でも特別忙しいわけでもないし、休みの時もあるんですがね。でも、祝日や日曜日も仕事が入ることがあって、カレンダー通り休めない職場なんです。私の場合はこの際どうでもいいんですが、とにかくマスコミ騒ぎすぎ。

第1次産業就業者と第3次産業就業者にとって祝日は関係ないです。関係あるのは、第2次産業就業者、つまり製造業や役所や普通のサラリーマンが休むだけの話です。それなのに、日本のサラリーマンは連休に休むのが普通で、働くのはごく一部の人だけみたいな雰囲気でマスコミは報道して、連休を煽ってます。でも、違います。

産業別就業者数の比率でいえば、第3次産業就業者の方が、第2次より多いんです。ちょっとだけ多いんじゃなくて、2倍以上多いんです。つまり、祝日に休む人より、休めない人が2倍いるといっても過言ではないのです。(2倍は大げさかもしれませんが、だいたいの計算はあってるはず)それなのに、マスコミはまるで80%のサラリーマンが連休みたいな報道をしてます。連休のニュースの最後に、アナウンサーのお決まりのセリフとして「私らだけは仕事ですが・・」と自虐的なセリフを付け足します。「君たちだけじゃなくて、休めない人のほうが2倍なんだよ」とツッコミを入れたくなります。マスコミはあきらかに世論のミスリード。

サービス業に勤めている家の子供が、連休中どこにも連れて行ってもらえなくて、可哀想になります。でも父親の本音としては、「連休中は仕事してた方が、むしろ楽かも~」と喜んでる人もいますけど(笑)とにかく、マスコミには「連休は家族連れで遊びに行くのが当然」みたいな報道は『もうそろそろ止めてもらいたいです』。。。以上


今日は『もうそろそろ止めようよシリーズ第2弾』「連休は何してた?編」です。
ちなみに『もうそろそろ止めようよシリーズ第1弾』は「ノークレーム・ノーリターン編」でした。たった今決めました(笑)『もうそろそろシリーズ』は続くかもしれません。なんだか人気が出そうもないシリーズですが、書きたいことを続けます。

~最後に
TBテーマ第16回 「連休は何してた?」用に書いてたんですが、もうすでに、第17回 「修学旅行の思い出」が始まってました。すでに出遅れで、TBしずらいんですが、せっかくなのでTBしときます。誰か見に来てくれるのかな?なんだか不安?

FC2トラックバックテーマ第13回 「あなただけが知っているジンクス」

  • 2005/08/30(火) 23:27:59

FC2トラックバックテーマ第13回 「あなただけが知っているジンクス」


・・・書けません。今の私に、ジンクスなんてないです(笑)

もともと、若い頃は今とは逆に、ジンクスだらけだった気がします。若い頃は、神経質で不安だったんでしょうね。これでは生きていくのが辛いと思って、ジンクスを無くしていったみたい。他人事みたいに書いてますが、昔の自分は他人みたいなもんです。

ジンクスとは違うけど、マーフィーの法則は好きです。私に言わせると、マーフィーの法則はジンクスの一種ですよね?科学的なジンクス・・・違うのかな?

有名な法則
If anything can go wrong, it will.(失敗する可能性のあるものは、失敗する)


どんな、トラックバックテーマでも書ける気でいたんですが、今回はパスですね。
トラックバックしません。

今回は私の敗北です。(なぜか敗北感を感じてます)

FC2トラックバックテーマ第12回 「海水浴でのハプニング」

  • 2005/08/21(日) 21:53:44

かなり昔の話ですが、海水浴に行ってた時「かみなり」にあったことがあるんです。

友達と3人で海水浴に行き、遊んでいたら遠くから雷の音がしてきます。しばらく、そのまま遊んでいたら、今度は大きい雷の音。それでも、雨は降ってないので遊んでいたら、いつのまにか、ほかの海水浴客が避難していなくなってました。その時の私は20歳ころで、無鉄砲な時代だったんです(笑)「自分たちには絶対雷は落ちない」と根拠の無い自信があったんですが、周りに誰もいなくなったんで、さすがに海から上がりましたね。

でもよく考えると、浜辺って雷から逃げるトコないんですよね。すぐそばに松林なんかはあるんですが、木こそ落雷の危険があります。どうしようかと、浜辺をウロウロしてたら、驚きました。

左足のすぐそばから、強力な打ち上げ花火みたいのが大噴出。爆音もオマケについてます。なんか地雷を踏んだら、こうなるんだろうというくらい。体は無傷でしたが、あまりの恐怖に、その場にへたりこんでしまったのでした。

あとから聞いた話では、その時そこから200メートル以上離れた大木に落雷したそうです。私があったのは、その時の枝というか、おまけみたいな落雷だったんだと思います。(落雷ポイントからけっこう距離があるんで、本当かどうかは自信はないんですが・・)

雷は高いところに落ちます。浜辺は周りに何もない平地。人間が一番高い物体。あとから聞いた話ですが、落雷の危険は、浜辺やゴルフ場が高いそうですね。

当時は、車や建物の中も危険かと思って浜辺をウロウロしてたんです。これもあとから聞いた話ですが、「自動車、バス、列車、飛行機、鉄筋コンクリートの建物の中、配電線・送電線の下」は安全だそうです。

・・・当時は逆のこと思ってました。あぶなく、落雷で落命するところでした。

それにしても雷って、下から上に行くんですね。あれは、落雷ではなく昇雷です。

FC2トラックバックテーマ第11回 「オカルト体験」

  • 2005/08/09(火) 23:21:35

私は、幽霊と若い女性には、縁がない男です。どっちにも、モテませんね。モテる人は徹底的にモテて、そういう体験も多いのに、なんにもないです。

飲み会なんかでも、「オカルト体験」の話題で盛り上がることって多いですよね?そんな時は話題がないのでダマってます。話を振られると「オレが怖いのは、生きている人間だけ。死んだ人間は怖くない」と断言しております。ちなみに、幽霊の存在そのものは信じています。信じているので、いつかは地縛霊に会うかもと思っています。そしてもし地縛霊に出会ったら、その時は、説教しようかと思ってます。

若き日の織田無道を憶えているでしょうか?テレビに出たての彼は、凄かったです。あの迫力はアニマル浜口を軽く凌駕していました。そして、アニマル以上の迫力で、幽霊・地縛霊・怨霊に説教かましてました。「な~ぜ、おまえはここにいるっ!」「帰れっ!」数々の名セリフがありましたね。そんな彼を見て、結構衝撃を受けました。織田無道ファロワーの私としては、「地縛霊に出会ったら、説教!」をモットーにしてますが、会えないですね。霊感がゼロみたい。幽霊には強気なので、向こうの方が近寄ってこないのかも知れませんね?ちなみに、生きている人間には弱気です。

それから、幽霊には説教かます予定でも、若い女性には嫌われるのが怖いので説教しません。いえ、できません(笑)

・・・でも、どちらも近寄ってこないのは、何故?

~ちなみに
FC2トラックバックテーマに参加したくなったんで、それ用の記事です。FC2というのは、このブログの運営会社なんです。いや、かなりマイナーなんで、「FC2って何」と思ってる人もいるかと思って書いときます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。