スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ABBAの英語の話(その1)

  • 2005/09/19(月) 21:39:18

今日はABBA(アバ)の話でもしてみます。

いきなり、アバと言われても、知らない人も多いでしょう。数年前ドラマの主題歌に使われたんで、かろうじて知っている人がいるくらいですかね。アバとはスウェーデン出身の4人組(男2・女2)で70年代世界的に大成功を収めた音楽グループです。アバが売れ始めた時、まだ小学生だったんで、洋楽にまったく興味なかったんです。アバを知ったきっかけは、中学生時代、進歩的な?友達がチキチータを勧めてくれたことです。(ちっちきちぃ~じゃないですよ)クラシックみたいな美しいメロディーに引き込まれてすっかり魅了されました。でも、洋楽にはぜんぜん興味なし。魅了されたといいながら、特に聞き始めたワケでもないです(そんなものです)。洋楽にハマりだしたのは、高校時代。きっかけは、ジョン・レノンがファンに暗殺されたこと。・・・話が脇にそれすぎて戻れなくなるので、ここで止めときます(笑)

とにかく、この歳になってもi-podの中にアバが入っていて、時々思い出して、運転中聞いたりしてます。実は私は、年季の入った隠れアバ・ファンだったのですよ。そんなわけで、この間久しぶりにアバを聞いたんですが、その時に感じた違和感についてお話します。違和感の正体は、アバの使う英語の発音です。

良く考えたら、アバはスウェーデン出身なんで、英語は母国語ではないです。


なんだか、中途半端に長くなったんで、続きは明日にします。

本当は、最近ネタが枯渇してきたんで、1つのネタを水増しして長くして、それを小分けにしてお届けするという、セコイいや賢い方法を実践してるからですけど。ネタと地球資源は大切に使うというエコロジカルな発想です。

>>>というわけで、その2へ続く

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ABBA、好きでした。
リアルタイムで知っています。
日本公演にも行きました。
なにせ、40代主婦ですから。(笑)
初めて聞いた曲は、「ダンシングクィーン」でした~♪♪
その当時から、スウェーデン英語は、全く気にせず聞いてました。
たぶん、歌詞よりメロディーの方に関心がいっていたせいだと思います。
ABBAのお話の続編、楽しみにしています。
できれば、小出しではなく、大出しにしてもらえると嬉しいです。(笑)

  • 投稿者: あんず
  • 2005/09/20(火) 10:24:20
  • [編集]

日本公演に行ったんですか?あんずさんこそ真(まこと)のアバ・ファンです。御見それしました。たぶん私は「夜のヒットスタジオ」に出演したアバを見てました。(記憶があいまい)
ダンシングクィーン・ギミーギミーギミーあたりがアバの絶頂期ですね。私も大好きです。
ネタの大出しは難しいです(笑)限りあるネタの有効活用をしなければ・・・でも、何とかしましょう。

  • 投稿者: sat
  • 2005/09/20(火) 20:50:59
  • [編集]

私はその頃、ディスコでアバを聞いて、踊ってました(笑)。そういえば、聞きやすい英語かも・・・「ダンシングクィーン♪」もはっきりですよね。
当時流行ってたユーロビート系も、今聞けばちょっとは歌詞が理解できるかしら・・・(笑)。

  • 投稿者: KIKKA
  • 2005/09/21(水) 07:59:10
  • [編集]

アバで踊ってたんですね。KIKKAさんも真(まこと)のアバファンでございます(笑)御見それしました。
と言うか、アバで踊っているKIKKAさんを見てみたい。

  • 投稿者: sat
  • 2005/09/21(水) 21:27:08
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。