スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子辞書 SR-V4700(セイコーインスツル)後編

  • 2005/05/18(水) 21:07:44

★ちょっと致命的欠点かな?
音声機能重視で候補を選び、そしてデザインでSR-V4700に決めたわけですが、実物を見ないでネットの通販で購入したんで、音声に不安がありました。
音声機能以外の辞書機能は、セイコーの同程度の機種を実物で確認済みなのです。

(わたし地方に住んでるんですが、昔にくらべ、インターネットのおかげで、地方に住んでいても何とかなるようになりました。グーグルでいろいろ調べられるし、アマゾンで本も買えるし。昔はネットが無くて、そりゃ~大変でした。よく地方は不便だというが、そんなことは無い ~以下つまらないから省略~

  注文した翌々日 郵パックで届く
  さっそく、実物を見ると・・・かっこいい 
  おそるおそる、音声機能を使ってみる
  なんかすんごく小声だな  (君は、シャイなのか?とかるくツッコム)
  ボリューム最大 音ひび割れる (君、なにキレてんの?)
  ところで、スピーカーはどこかな?
  あれ、無い。  そんな訳ないと、SR-V4700を回して探す

     無い、無い、無い、・・・ 穴が無い!

もちろん、スピーカーは内臓されてますが、
スピーカーからの音が、外に出てくるためのが無いのです。

だから、音量最大にすると本体に響き、音が割れる割れる。
音量普通だと、ささやき声みたいで良く聞こえない。

ガワで決めて、失敗か?
・・というか、実物見ないで買うと失敗します。
音声機能重視のわたしにとって、致命的欠点発覚か?

(やっぱり地方に住んでると、大きい店がなくて不便なんだよね。上で書いたのはタテマエです。ホンネは都会に住んでネットも使いたい)

★使ってみれば、大満足
使い始めて1ヵ月たちましたが、実際の使用感はかなり良いです。
小さい音量も慣れるとなんとかなるし、そもそもイヤホンを使えばクリアな音声を聞けますしね。
英和辞典機能は、使いやすく検索も速い (・・他社製も同じですけどね)
過去形や活用形の単語も、そのまま調べられるのはセイコーだけの特徴と何かで読んだんですが(未確認です)、もしそれが本当なら、この機種の最大のウリの一つでは?
操作感も細かなところまで考えられていて、さすがセイコーインスツルといったところです。
電池の持ちも良いし、なにより、デザインが良い!(いまだに嬉しい)

★意外だった事
和英には興味なかったんですが、和英ってカタカナ語辞典みたいに使えるんですね。
  (・・・知らなかったのは、私だけ?)
カタカナでユビキタスと入れると、ちゃんと ubiquitous(偏在する) と出てきて嬉しくなりました。これは便利!
あとトム・ソーヤなどの英文小説が10冊入ってるんですが、これが自分のレベルにしっかりあってて、読んでいて面白い(これが重要)。
多読用教材として、いま読んでる最中です。

★致命的問題点は使用者
わたしは、いわゆる多読をしてるんですが、多読って辞書を使っちゃいけないんですよね。
だから、SR-V4700を使ってないんです。
 いわゆる、宝の持ち腐れ 状態です。(猫に小判とも言う)
  ・・・致命的問題点は、わたし自身でした

ただ、言い訳すると 正確に言うと「辞書付属の英文小説は読んでるんだから、辞書機能を使ってないだけで、SR-V4700は使ってる」状態なのです。

 (・・・ おまけ編に続く・・) まだ、書きたいことが残ってます 

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。