スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子辞書 SR-V4700(セイコーインスツル)おまけ編

  • 2005/05/19(木) 22:03:36

★音声機能で頭が混乱
今回電子辞書の音声機能について、いろいろ知りましたので、
せっかくなので、参考までに、まとめさせてもらいます。

ネットで情報収集しようと検索すると、多くのサイトがヒットします。
   ・・・ヒットしすぎです。
その一つ一つのサイトにまた膨大な量の情報が詰まっていて、読むのが大変。
情報量多すぎで、頭の中が混乱します。
   ・・・多けりゃいいってもんじゃないです
それでも、読んでみると、意外と欲しい情報が少ない。
  ・・・苦労しました。 (こういう苦労は、嫌いじゃないんですけどね)

★ここに気をつけろ!
音声機能が欲しい人が注意すべき、ひっかけポイントが3つあります。

1つ目は、ネイティブ発音の音声搭載とあっても、全単語を発音するわけではないこと。
  多くても14000語、少ないと、英検Pass単熟語だけという機種もあります

2つ目は カシオのTTS(Text to Speech)技術は、まだまだです。
カシオのTTSはネイティブが録音してあると読んで期待してたんですが、アルファベット1文字1文字を別々にネイティブが録音してるだけで、単語として聞くと、普通の合成音です
ふつうの合成音。 TTSはまだ辞書に載せちゃだめです。

3つ目は ネイティブ発音でさえも不自然
知ってる人に言わせれば、ネイティブ発音でさえも、まだ全然不自然だそうです。
「その辺は割り切って使うべき機能」だそうです。
・・・わたしのレベルでは、十分満足ですけどね。

★ついでに言うと
それにしても、(スピーカーからの音が出てくる)穴をつけてよセイコーさん。
文句を言わずに最初からイヤホン使えということかもしれませんが、面倒です。
カシオ XD-L4600なんか、前面に2個もあったんですけど

★多ければいいってもんじゃない
まとめると、たったこれだけです。
ただ、ここに辿り着くまでが、大変でした。
情報を集めれば集めるほど、頭が混乱。
予備知識が無いと、ほんとキツイ
情報は、多ければいいってもんじゃないですね。

これからのサイトは、情報まとめ系のサイトが流行ると予言しときます。

★胸を打つ一言
カカクコムの口コミ掲示板で、胸を打つ一言が
「電子辞書の音声機能なんか、いらないのでは・・・」
「発音をちゃんとマスターして、辞書の発音記号を見て自分で発音すればいいだけ」

   はい・・・そうです
        そう思って、「英語耳」で学習開始しました

  (・・・以下完結編に続く・・)  ←うそです。これで完結です。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。