スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語という習い事

  • 2005/11/11(金) 23:21:24

合理的に判断すると、英語に関しては無知でかまわいません(合理的無知)
・・それでも、なぜ私は、不合理に判断してまで、苦労して英語を学習するのか?

あんまり考え過ぎると、「なぜ人は生きるのか?」とかまで行ってしまいそうなので考えないでおきます(笑)「なぜ英語を学習するのか?」と問われれば、「習い事のひとつとして英語を選んだだけ」と簡単に答えます。それだけのことです(笑)

たいがいの趣味とか習い事は、コストのわりにメリットが少ないものです。あたりまえの話ですね。でも「英語という習い事」には特別な雰囲気があるのではないでしょうか?話せるようになれば、何か凄いことになりそうな期待感があります。たぶん、半分は事実。アメリカが世界の盟主であるかぎり、英語ができるメリットは確実にあります。でも後の半分は、幻です。英語学習会社なんかのCMの影響で、ウソの期待感が蔓延してるのでは。他の習い事に比べて、「英語という習い事」はメリットが巨大(半分は幻にせよ、半分は真実)だということが特殊な点ではないでしょうか?

もう1つの特殊な点としては、難易度が極めて高いこと。こんな難易度が高い趣味は存在しないのでは?「毎日10分聞くだけで、英語ペラペラ」などという宣伝文を本気にする人は少ないハズ。でも、無意識に影響されてる人は、潜在的に多いのではないかと思ってます。正直、私なんかも少し影響をうけて甘く考えてました。しかも、勉強すればするほど、皮肉にも難易度の高さに気づいて愕然とします。それから他の趣味だとヘタはヘタなりに楽しめるものですが、英語はあまりそうでもないですね。残念。

「英語という習い事」は労多く、喜びが少ないような気がします。でも、なんでやってるんでしょう?ひとつは上達する喜びがあるから。上達を実感するのは、嬉しいものです。でも、苦労した割には実感できるのは稀です。それでも止めないのは、なんだか、悪女に貢ぐおじさんの心境なのかも(笑) 

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

何故英語を選んだのか、というのは人にアピールしやすいものだからでしょうね。英語がしゃべれるようになりたいと思っている人が多いから、時間やお金をかけても、無駄にはならないと思えるからでしょうか?
私はガンダムも趣味ですが(笑)、同じ趣味の人と話すと盛り上がれて楽しいですが、私の周りにはあまりいませんし(笑)。シリーズ全話見たところで、それがどうした?と言われてしまいそうだし・・・。つまり一部の人にしかアピールできないわけです。(好きだから見てるだけで、アピールすることは目的ではないですが。)
英語は学習の悩みや苦労話を分かち合える同志が多いですよね。わかってくれる人が多い趣味で、(すごくないかもしれないけどある程度の)実益を伴うから頑張れるのかもしれません。

  • 投稿者: Rach
  • 2005/11/12(土) 23:11:24
  • [編集]

確かに、ガンダムだと「へぇ~」ですが、英語だと「おぉ~」ですね。ただ、英語の場合は過大評価になって周りがうるさくなるので、ごく親しい人にしか英語のコトは内緒にしてます。たんなる便利屋になるのもイヤなんでね(笑)
とにかく、上達するのが楽しくて続けてますが、最近ペースダウンしてます。

  • 投稿者: sat
  • 2005/11/12(土) 23:21:26
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。