スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザの予防接種について考えてみる

  • 2005/11/17(木) 21:19:05

今日インフルエンザの予防接種を受けました。ホントは予約にいったんですが、スグできると言われチクッと打って来ました。値段は2500円で予定通り。でもワクチンは普通2回接種するものとは知らず、2回で5000円は予定通りじゃないです。もう1回病院にいくの面倒くさいし、・・・1回でヨシにしとこうかな?(ちなみに、初めての病院での有料接種)
↑2日目の今でも体がダルくて仕方ないです。テレビに出てたお医者さんも、2回接種の話はしてなかったので、2回目は摂取しません。もぅ懲りました(18日追記)

で、世の中には『インフルエンザの予防接種は受けない派』が存在します。『受けない派』は「予防接種には効果がなく、危険な副作用があるから」と主張。その主張にはちゃんと科学的根拠があるので無視できないのがツライとこ。その辺の話を、簡潔にまとめてるのが『ワーキングマザースタイル』さん。あと詳しいのは『カンガエルーネット』さん。

もともとは、テレビで予防接種を盛んに勧めてるし、昨年兄一家が接種したので、なんとなく自分も受けようと思ってたんです。でも『受けない派』の知識を知ってしまうと、予防接種を受けていいものやら、不安になりますね。かと言って受けないのも不安。『受ける派』『受けない派』どちらの派閥に入っても心の平穏は得られません。そう言えば、会社の派閥も同じですけどね。せっかく羽振りの良い派閥に入っても、将来負け組になってる危険性もあります。サラリーマン小説によく有りがちなパターン(笑) でも、冗談っぽく書きましたが、大人になると、判断できないのに、判断しなくてはならないことがヨクあります。そういう時は、自信は無くても、自己責任でシッカリと選ばなければなりません。

結局、考えた末の私のファイナルアンサーは、「予防接種を受ける」

理由は、どう考えても危険性が少なそうなことと、兄が「昨年受けていて良かった」と言ってたし、知りあいも良かったって言ってたから。一晩考えた割には、クチコミ情報を信じただけで、たいした理由じゃないのが情けないトコです。クチコミ情報も万能ではないですが、とりあえず今回は信じました。

予防接種した結果、3時間後にものすごく眠くなって、ガマンできずに仮眠しました。あと、7時間後の現在は体が重くダルいです。副作用というよりも、正常反応の範囲だと思いますが、学校で受けた何かの予防接種では、こんなことは一度もなかったです。

それから、インフルエンザの特効薬の『タミフル』には、幻覚がでる副作用があるとか。毎日新聞(Yahoo!ニュース)によると『タミフルで異常行動死 少年2人』とかセンセーションに煽ってます。しかも、日本政府は『タミフル』の備蓄量を従来の約1.7倍に増やす行動計画をまとめたそうですが、ムダになるのか??

ともかくインフルエンザ対策としては『予防接種→それでもダメなら特効薬のタミフル』で問題解決だと安心してたんですが、どうやら現状認識が甘かったみたいです。あと鳥インフルエンザも怖いですし、気にしだしたら、現代社会は危険がいっぱい。冗談ではなく「タメになる情報」を知ったばかりに、不安感があふれ出して来ます。「知らないほうが、幸せなのでは?」と考えたくなります。

そして皮肉にも「こういう情報を知らないで判断したら、結局ウマくいった」ということも有りがちです。弱気になると「知らないほうが悩まなくて、逆に幸せなのでは?」とか考えたくなりますが、「知らないでいることの危険性」も大きいし、やっぱり「すべて知ったうえで、自己責任でリスク取る」というのが正解なんでしょうね。

危険性を承知したうえで、クチコミ情報で判断した私の場合も、「失敗したら自己責任」を覚悟したうえでの選択です。・・今のダルさも覚悟の上なり。

今日の記事は、たかだか予防接種を受けただけの話なのに、「承知」とか「覚悟」とか武士みたいな発言が多い気がしますが、こんなことを考えるのが好きな男なんです。
・・・困ったものです(笑)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

湯呑み入れ歯事件!

登場人物 ドラゴンしげ(僕のおばあさん。当時60代後半)ユウイチ少年(確か中学1年くらいの頃) 僕が確か中学生の頃だったと思うのですが、風邪をひいていた時の事です。晩飯を食い終わり、ちょっと体調が変だな?と思いドラゴンに薬をもらい大きめの湯のみ(寿司屋でく

  • From: DAN’S CAFE♪ |
  • 2005/11/17(木) 22:18:52

この記事に対するコメント

薬に頼るのも、そうでないのも、最終的にはみな自己責任ですね。
わたしは、卵のアレルギーがあるので、インフルエンザの予防接種ができません。
卵から作られているお薬は、使えないんです。
過敏体質なので、「タミフル」も怖いです。
アレルギー体質の身には、いつも予防接種に「承知」や「覚悟」の言葉がついてまわります。
特別なアレルギーがない限り、病気にかかる危険性とお薬の副作用とどちらのリスクが大きいかを考えれば、予防接種は受けた方が絶対いいと思いますよ。(--)(__)
新型インフルエンザ、発生しないことを祈ります。(^人^)

  • 投稿者: あんず
  • 2005/11/18(金) 17:42:48
  • [編集]

あんずさん
予防接種を受けた2日目の今日も、体が重くてツラいです。今年一番の風邪症状になってしまって、余計なことをしてしまったかと、ちょっと後悔してました。でも、覚悟の上のコトですので、ガマンしてます。あと、主治医から2回接種を勧められたんですが、テレビに出たお医者さんは特に言ってませんね。ちょっと懲りたんで、2回目は受けないでおきます。
それから、アレルギー体質とは大変ですね。

  • 投稿者: sat
  • 2005/11/18(金) 20:38:41
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。