スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK語学講座(テレビ) について想う(前編)

  • 2005/05/24(火) 22:56:57

今年のスペイン語講座のアシスタントに、お笑い若手芸人 笑い飯 が出演中ということですね。
実は、大のお笑い好きの私としては、笑い飯 が真面目な顔でNHK教育に出てることを想像するだけで、笑っちゃうのでした。
スペイン語講座の笑い飯はまだ見てないんですが、昨年度のドイツ語講座のペナルティは何回か見たんですよ。
笑わせてなんぼの芸人が、ヘタに(予定外の)笑いを取ったら怒られるという状況は、見てて新鮮です。
ペナルティも最初は、オドオドしてました。
だっていつもは、「前へ出ろ。前へ出ろ」と注意されてるのに、ヘタに前に出ると怒られるんですから。
結局、昔の学生時代そのままの  でやってたと思うんですよ。
いつものバラエティー番組では見ることのできないのペナルティーを目当てに、この番組を見てたもんです。 (そういう見方をする人は、けっこう多いんじゃないかな?)

あと、ロシア語講座の さとう珠緒 も何回か見たことあるんです。いつものバラエティーで見せる、職人技とも思えるぶりっ子ぶりが、影をひそめてました。
でも、やっぱり、ぶりっ子でしたけど、「あのくらいのぶりっ子がのさとう珠緒なのかな?」とか分析してたもんですよ。 (よく考えると、わたしはかなり暇人?)

とにかく、個性的な有名人たちが出てますね (今現在ではないですが)
武田修宏(スペイン語)   /    加藤ローサ(イタリア語)
山本梓(ハングル)   /    ジローラモ・パンツェッタ(イタリア語)
ダニエル・カール(ロシア語)  /  ランディ・マッスル(イラン語)←ここだけは、冗談!

地味な語学番組に興味を持ってもらおうというのが、NHKのねらいでしょうから、別に良いんですけどね。
語学番組としてより、一種のバラエティー番組と化してますけど、語学のすそ野を広げる結果になれば、それも良しです。

でも、テレビの語学講座は
  「勉強した気に、なるだけですね」
  「やるなら、ラジオでしょう」

実は5年前、新スタンダード40 という講座をやり通したことがあるんです。

  ・・・後編へ続く

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。