スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無料ってホントにいいこと?「CM2の後」編

  • 2006/02/16(木) 23:09:50

2/12日のがっちりマンデーの「0円最高~!」みたいな放送を見て、「0円は一般消費者にとって本当にいいことなのか?」「むしろ負の面もあるのではないか?」と思った話の続きです。いわゆる、「CM2の後」ですねw

風の便りによると都会では、R25以外にもフリーペーパーが大隆盛を誇ってるそうです。もちろんフリーペーパーは、広告収入で黒字になるビジネスモデルがあるからプロのライターが書いてます。でも、このままでは情報は無料で得るものとの社会通念ができそうな気がします。そもそもネットの情報は無料で手に入るのでなおさら、情報はタダで手に入れるものという風潮が進むかと思うんですよね。

理想は無料サービスと有料サービスの棲み分けですが、現実は『有料』は『無料』に淘汰されるのが世の習い。となると、ちょっと極端ですが、世の中の雑誌はフリーペーパーだらけになり、有料雑誌や本の市場が縮小し、プロライターの需要がすくなくなりそう。その結果プロが育たなくなり、セミプロとアマチュアだらけで、結局一般読者は面白い本が読めなくなります。

もちろんプロ顔負けのアマが存在するのを忘れてません。たとえばアルファ・ブロガーと呼ばれる人などプロ以上でしょう。逆に、アマ以下のプロもいるようですw 無料=アマ=質の低下 との公式は当てはまるとは限りません。それでもやはり、アマチュア個人は、それでメシを食っているプロ集団には敵わないと思ってます。

それに『価値あるものに、それ相当の対価を支払う』システムが壊れるのは怖い気がします。長い目で見ると、ちゃんと対価を払っていた方が、程度の良いサービスを手ごろな価格で手に入れられると思ってるんですよね。

よって、「0円最高~!」とのん気に騒いでいると、無料化が極端に進んで程度の悪い無料サービスしか選べなくなり、それがイヤなら超高級有料サービスしか選べない世の中になりそうで怖いと思ったんです。

思えばこのブログ(FC2ブログ)だって『無料サービス』です。無料なので、突然閉鎖されても責任を取ってもらえません。文句を言う気になればいくらでも言えるものの、『無料サービス』が責任を取ってくれるわけでもなし。それが無料の定(さだめ)。今現在は、それがイヤなら他に手ごろな有料サービスがあるからいいんですけどね。選択肢がなくなったら困る気がします。


~最後に
思えば、世の中には無料でタメになるブログ記事を書いている人がおられます。そう、『あなた』と『あなた』のことです(笑)いつもお世話になってます。
無料ブログサービスとアマチュア・ブロガーに毎日お世話になりつつ、それに文句をつけるような記事を書いてしましました。そんなつもりはなかったので、お許しを(笑)


短くまとめようとしても、またまた1100字オーバー。・・これでも、削ったんですがw

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

アルファ・ブロガーと呼ばれる人の存在は、先日新聞を読んで知りました。確かにプロ以上でしょうね。ネット環境はそういう人たちが活躍する場を与えますが、確かに情報が無料で提供されることに慣れすぎてしまう、ということもあります。責任の所在がないから、間違ったことが書かれていても非難できない、という面もありますしねぇ。

これからネットがどうなっていくのかわかりませんが、「価値あるものに、それ相当の対価を支払う」システムになっている方が、ネットはもっと発展するんじゃないかと思います。
FC2ブログはとても使いやすそうで、どうしてこれが無料なんだろう?といつも不思議に思っていました。無理してないといいんですけどね(笑)。

  • 投稿者: Rach
  • 2006/02/17(金) 13:29:44
  • [編集]

◆Rachさんへ
あるブログ比較サイトで「他のブログは広告収入や何かがあるが、FC2だけはどうやって利益を上げているのか不明」と言われてました。「もしや、裏で悪いことをしていて、その隠れ蓑に、世を忍ぶ仮の姿として無料ブログサービスをやっているのでは?」などと心配しております(笑)FC2さん、大丈夫だよね?

それから、Rachさん、毎日タメになる記事を無料で更新してくれて、ありがとうございます。よく考えてみると、無料だからこそアマチュアが記事を書けるという面もありますよね。自分も無料だから駄文を書いてるわけで、有料だったら怖くて書けません。読者も無料だからこそ、読んでいるわけです。

結局、無料が悪いわけではないですが、有料が成り立たなくなりそうで、それはちょっと困るという話ですね。

  • 投稿者: sat
  • 2006/02/17(金) 22:18:03
  • [編集]

satさん、

たとえばレストランに行こうと思ったとき、私は家庭画報やメイプル(私が読んでいる雑誌)にのっている店なら大丈夫と信頼していきます。そして期待が裏切られることはほぼありません。雑誌自身、自分たちのステイタスや信頼を下げるような店を紹介しないというポリシーを貫いているので、これらの本は少々高いですが、私は買います。(家庭画報は図書館で借りてるけど(汗))

他にネットでも検索できるけど、あまり信用できないので使いません。私はけちなのかしら。せっかく出かけてがっかりするのがいやなんです。クーポンなどは使うけど。信頼できる情報にはお金を出してでも買う。タダのものは参考として利用する。または利用できるものは利用する、と分けています。

あ、でも一番信用できる情報はおいしいもの好きの師匠かも。いつも無料でいろいろ教えてくれます。

有料も無料も目的別に分けて使えばいい、と落ち着きました。でも世に出ているフリーペーパーのたぐいは正直おもしろくないです。

  • 投稿者: agathe
  • 2006/02/18(土) 09:27:17
  • [編集]

◆agathe さんへ
そうですか、「フリーペーパーのたぐいは正直おもしろくない」んですね。私も正直そうだと思ってたんですが、なんせ読んだことがないので、判断がつきかねてました。

やっぱり一番信頼できるのは、クチコミ情報ですね。私もそう思います。でも、考えようによっては、ブログもクチコミ情報の一種かも知れません。まぁ、ブログと言っても信頼できるブログやあまり信頼できないwアフィリエイトなど沢山あって、一概には言えませんが、とにかく有料も無料もクチコミも目的別に分けて使えればいいですね。

  • 投稿者: sat
  • 2006/02/18(土) 20:35:21
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。