スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Crown ( M.R.JAMES著)Penguin Readers Level 1

  • 2005/05/27(金) 21:37:09

Penguin Readers Level 1: "the Crown" (Penguin Readers S.)

Penguin Readers Level 1:


★多読開始です!
当時(2ヶ月前)多読に目覚めて、さっそくPB(ペーパー・バック)を買おうとしたんですが、ここは田舎。本屋に洋書なんか置いてません。見たことが無い。

でも、今はインターネット時代です。お得意のAmazon.co.jpで注文です。

その前に別のHPで、自分のレベルに合ったPBをちゃんと探してました。
自分はペンギン・リーダーズで言えばレベル1ビギナーだろうと、その辺を探してみると。・・・子供向けというより、幼児向けが多いです。 幼児向けは読んでて、別の意味でつらそうなので、せめて小学生向けのPBを探します。 そして、見つけました。

  その本の名は・・・ The Crown

Englandに伝わる3つの王冠の伝説になぞらえた、ホラーものです。レベル1の中では一番大人向けみたい(たぶん?)
   語彙300 総語数4000 SSS難易度レベルは1(たぶん?)

★おせんべい?
注文してさっそく届く。なんだか、軽くてしかも薄い。本当に中身が入ってるのと疑問がわく。恐る恐る開けたら、うすっぺらい厚紙?みたいなのが、ポテッと落ちてきました。
よく見ると、そこにはThe Crownの文字が。 こ・これがPBというものか。

 呆気にとられて 「お前はお煎餅か!」 とツッコムのも忘れたくらいです。

面白がって、実際に測ってみたら、なんと厚さ2mmでした。2ミリです
「2mmの本って・・10冊でやっと2cmじゃないですか!」(ツッコミ所がちがうか?)

日本語の本で2mmって無いですよね。あるとすれば雑誌の付録の小冊子くらいですか?
これって本と認定していいのか? まぁ、たぶんグローバル・スタンダードではこれを本と呼ぶんだろうと、気にしないことにしときました。
(お恥ずかしい話ですが、今まで厚いPBしか見たことなかったのです。しかも、ネット注文だから実物を見ないで注文したのでした。)

★レベル1
気を取り直してさっそく読み始めました。うん、さすがレベル1。サクサク読める。何度か知らない単語も出てきましたが、多読3原則にしたがい無視。なんとか無事完読!
ページ数も少ないし(27ページで半分はイラスト)、10分ちょっとで読めたかなと、時計を見たら、なんと47分かかってました。 う~ん、普通なのかな???

★想った事
結局、2回この本を読みました。確かにこんな感じで10冊20冊と読んでいけば効果が現れそうだという、手ごたえは感じました。100万語も読めば確かに効果はでますね。
けれど、なんだかつまらない。内容に興味がもてないと読んでてつらいんです。勉強と割り切って我慢して続けようかと思いましたが、続けてません。

その時、多読には問題点が3つあると思ったんですよ。

1つ目は、低いレベルだと、内容が幼児・子供向けで、大人が読むにはツライこと。
2つ目は、多読3原則は不安になること。
 辞書を見るなとか、単語は文脈で覚えないとダメとか言われると不安になります。 たとえば、自然と語彙力がつくといわれても、不安になる。 辞書を引かないのも不安。 そして、文法も勉強しないとまずいのではと不安になる。 結局、多読法は効果がホントにあるのか?
3つ目は、お金がかかること。 2mmで約700円は笑いごとでは済まないのです。

その時は、そう思ったわけですが、今は問題点を、ほぼ解決しました

1つ目の問題は、世界名作物は、低いレベルでも読んでて面白いことに気づいたこと(しかも辞書のオマケで無料だし)
2つ目の問題は、ある程度多読をしたら、きっちり単語暗記をしっかりやると割り切ること。もちろん文法も勉強する。つまり、多読3原則は厳密に受け取らないこと。
3つ目の問題は、他のブログを読んでて知ったんですが、図書館利用とか、ヤフオクとか他にも色々方法はあるみたい。(私の場合は辞書のオマケですが)

結局、多読法はどうなのかと不安になって、実際40冊以上多読した人に聞いたところ、効果があるとの返事をもらいました。
  ・・・安心しました。ありがとうございます。

★The Crown後
その後、紆余曲折がありまして、今は電子辞書にオマケでついてきたトム・ソーヤなどの世界名作物を読んでます。(このブログは時系列に全然そってないので、読んでる人は混乱するでしょうね)
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

多読がんばりましょう

多読プログラムを推奨している人間です。
私の立場から言わせてもらうと、気になる単語は辞書引いてもいいのですよ。
確かに、わからない単語全てを調べるというのはよくないですが、
どうしても気になるとか、頻繁に出てくるのであれば、引いてしまったほうが
集中して読めるのです。

多読で一番大事なのは、ストレスがかからないこと。楽しく読めれば、簡単な本でも、
少々辞書に頼ってもいいのです。

できれば、電子辞書で読みの勢いがとまらないようにすればううと思います。

  • 投稿者: ルビー
  • 2005/05/28(土) 21:12:42
  • [編集]

応援感謝

masaさん・ルビーさんありがとうございます。
最初は、絶対辞書を引かないつもりでしたが、今はそんなに堅く考えないでやってます。
心配かけてすみません。ありがとうございます。

  • 投稿者: sat
  • 2005/05/29(日) 01:02:24
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。