スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IEの7のβ版の試用記です

  • 2006/05/10(水) 23:36:07

昨日からIEの7のβ版を使ってみました。普段はファイヤーフォックスを使ってるんですが、やっぱりIEのことは気になります。ためしにインストールしたら、IE6が上書きされてIE7にされてしまって驚きましたそこまでする気じゃなかったのに。ieアイコンに土星の輪みたいなのがついて、カッコいいのやら悪いのやら?
こんなアイコン↓ie7

全体はこんな感じ↓クリックで拡大
IE7B.jpg


今回の新機能は「タブブラウザー」「RSSリーダー」「検索窓をツールバー上に配置」「フィッシング詐欺対策を実装」。特に目玉は「タブブラウザー」でしょう。

◆「タブブラウザー」について◆
FireFoxで大評判の「タブブラウザー」がようやくIEでも標準搭載。FireFoxとは、ちょっと使い勝手が違うので最初は戸惑います。でもすぐ操作に慣れます。FireFoxより軽快に動く気がして快適です。意外とFireFoxって動作が遅いんですよね。でもタブって便利は便利ですが、なくても困らない気がしてくるのが不思議(笑) まぁ、タブも無いよりはあったほうが便利なので歓迎しますけどね。

◆「RSSリーダー」について◆
RSSって、普段使ったことがないのでよく分かりません。情報によると、正式版までは機能的にはイマイチらしいです。

◆「検索窓をツールバー上に配置」◆
グーグルの検索窓が標準でついてます。ヤフーその他の検索も使えます。普段GoogleToolberを愛用というか溺愛または依存しております。GoogleToolberがないと満足にテキストも書けないんです。そんなツールバーも標準装備なので不要になったと思えば、今まで愛用していた検索履歴が使えないことに気づきます。検索履歴をお気に入り代わりに愛用してるので、やっぱりGoogleToolberは必須。正式版になってもそこまでは対応しないでしょうね。もちろん、現状でも組み込むことは可能です。

◆「フィッシング詐欺対策を実装」◆
どのくらい効果があるのか不明。あまり興味なし。

◆その他◆
FireFoxで重宝していたのが、Ctrl+マウスホイールによる文字拡大機能。目が弱い私にとっての必須機能です。IE6だとサイトによって拡大できたりできなかったりしてました。それがIE7では、どのサイトでも使えそうです(まだ2日しか使ってないので確認不十分ですが)。ただし操作法がFireFoxとまったく逆。拡大するつもりが縮小されビックリ。マイクロソフトも変なところで個性を出さなくてもいいでしょうに。あと、印刷機能も充実して、「Shrink To Fit」という“ぴったり印刷”機能を備えているそうです。

◆IEに対する想い◆
IEよりFireFoxが好き。そもそもマイクロソフトは資金量に物を言わせ、兵糧攻めみたいな方法でライバル企業を追い落とす伝統があるので好きではないです。なのでIEは好きじゃない。それが今回のバージョンアップで、ついにFireFoxに追いついた気がします。Netscape Navigatorもマイクロソフトの資金量に負けたんですが、FireFoxも同じ運命を辿りそうで不憫です。ホントはFireFoxを使い続ければいいんですが、IEでなければ不都合が多いのでIEも使ってます。たとえば、グーグルポップアップ辞書は明かにIEの方が相性がいいですね。FireFoxだとあまり反応してくれません。その他クイックタイムやフラッシュなどもIEのほうが相性がいいです。そもそもウィンドウズアップデートにはIEが必須なのでIEは消せない。あと意外とFireFoxって重いしフリーズします。マイクロソフトの策略みたいな気もしますが、最初は気に入って使っていたFireFoxも、だんだん使いづらくなってきました。たぶんIE7を標準ブラウザに設定する日も近いでしょう。

・・・スマン、FireFoxよ!
《追記》
情報によると、2006年第3四半期には「Firefox2.0」が登場するそうです。


あと、IE7β版インストールはここからできます。でもあくまでもβ版とは、バグがあったりシステムに影響を与える場合があるため扱いには注意が必要です。問題が起こっても、自己責任になりますのでご注意を!

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。