スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKスペシャル ワーキングプア を見て

  • 2006/07/27(木) 23:27:30

先日の『NHKスペシャル:ワーキングプア ~働いても働いても豊かになれない~』は反響が大きかったみたいですね。みなさん、ブログを書かれているようです。下流社会 (三浦展 著)を読んでから、近未来の日本社会の2極分化に恐れを感じてる私としては、その視点から番組を見てました。(ちなみに、過去の記事

本の中で、著者(三浦展)は「下流社会」と言う造語を作りました。ここでいう「下流」とは単に所得が低いと言うことではなく、コミュニケーション能力・働く意欲・学ぶ意欲・消費意欲、つまり人生全般への意欲が低い人たちのことです。

番組を見て思ったことは、ワーキングプアとは「働くプライドを持った人たち」だと言うこと。ワーキングプアとは、まだまだ、コミュニケーション能力・働く意欲・学ぶ意欲・消費意欲、つまり人生全般への意欲が高い人たちです。 けっして「下流」ではない。でも、生活環境は「下流」。考え込みながら、番組を見てました。

それにしても、取材された所謂ワーキングプアたちの自尊心の高さには驚かされます。よくもあの環境で心が折れずに働き続けられるものだと、考え込んでました。

最後に~
今週は、送別会だったり、飲みすぎだったり、二日酔いだったりで、ブログ更新を休みがちでした。久しぶりにブログを見てみたら異変が。なんと、カウンターが急上昇。普段の倍の訪問者が訪れてます。異変の原因を調べてみたら「ワーキングプア」でしたね。「ワーキングプア」の検索ワードで、このブログに訪れてくれた人が多かったみたいです。

あの番組の反響が大きかったと言うことは、それだけ多くの人が身近に感じているテーマなんでしょうね?

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ワーキングプア」について考える。

きょう、NHKで特集をやっていたテーマに興味を持ちました。  「ワーキングプア」 いくら働いても、生活保護水準以下の収入しか得られない層をこういうそうです。 はじめて聞きました。    このような人たちを「自己責任だから」というだけで

  • From: ばくさんのかばんと旅ノート。 |
  • 2006/07/28(金) 22:52:38

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。