スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超入門(3) あぁ、勘違い編!

  • 2005/06/02(木) 22:31:55

昨日、泣き言を書いたのが、良かったのでしょうか?

今日の超入門クンは機嫌が直ったみたいで、また、優しくなりました。

1レッスン40分くらいで終わるので、これだけなら、続けるのが楽です。それに、この講座のダンドリにも慣れてきて、学習に集中できるようになりました。

  ・・・ただ、自分の勘違いに一つ気づいてしまったのでした。

似た発音の語句を聞き分けるパートがあるんです。たとえば、walk と work を聞き分ける練習ですが、それが、妙に難しいのです。 英語耳という本で鍛えた私の耳には、そのくらいならば、簡単なつもりでした。 でも、難しい。 何故?

今まで、超入門クンの発音がヘタだと思ってたんですよ。
 (・・・つまり、超入門講座の声の担当者の発音が悪い)

でも、超入門クンの発音の方が、標準だったと気付いてしまったのでした!!!
 (・・・つまり、英語耳の発音が強調されてて、優しすぎたんです)

英語耳のあとがきによると、ルース・アンさんが声を担当したんですが、彼女が「するどく、切れのいい強調した発音」をしてくれていたんですね。 おかげで、発音を学習する時には、分かりやすい見本となります。 でも、これで、リスニングが出来たと油断したらダメですね。

    ・・・油断しまくりでした、わたし。
    しかも、「超入門クンは、カツゼツが悪くてイカン」とか思ってました。
    超入門クン 今まで バカにして スミマセンでした m(__)m

     これからも、頑張りますので、よろしくお願いします。


今から、英語耳を少しやります。今日は遂に「第4章 発音バイエル R 編」です

 <<<<<<<<<<   超入門TOEIC テスト・トレーニング  レッスン6 終了   >>>>>>>>>>
     

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

待ってぇぇぇ(笑)

着々と学習の方、進めてらっしゃいますね!何だか別人のようです・・・satさんが本気を出すと怖いです。どんどん先に進んで行っちゃいそうで(笑)。でも油断しちゃってたお茶目なsatさんはやはりsatさんでした。ほっとしました(笑)。

  • 投稿者: KIKKA
  • 2005/06/02(木) 23:45:16
  • [編集]

さっきまで、英語耳の「発音バイエル R 編」をやってました。熟考した結果、Rのことはパスすることにしました(泣)これは、マンツーマン指導でなければ無理との結論です。
あえて、私は勇気を持ってRをパスします!(・・・威張ってどうする?)

  • 投稿者: sat
  • 2005/06/03(金) 00:06:48
  • [編集]

笑った

するどく、切れのいい強調した発音
ですか~(笑)
私もかつて基礎英語1(NHKラジオ)を聞いていたときそんな落とし穴にはまった口ですw
後に出会ったアメリカンのNICK君の発音が妙に流れた感じがして聞きにくかったです
私は「感動する英語」っていう本(CD付教材)でその辺は克服できた気がします(NICKの喋りも解るようになった)
がんばりましょうね!あたしも英検受けるのでがんばってます!

  • 投稿者: A
  • 2005/06/03(金) 12:48:28
  • [編集]

Aさんも落とし穴にはまったんですか?
安心しました(笑)私だけじゃなかったんですね。
ところで、AさんはRの発音はできますか?私は、Rの発音を本で無理に憶えると、なんだか、間違った癖がつきそうなので諦めました。

  • 投稿者: sat
  • 2005/06/03(金) 20:54:12
  • [編集]

NICK(UK)とCARRY(USA)に直してもらいました(笑)
ぎりぎり通じると思います。
………たぶん

  • 投稿者: A
  • 2005/06/04(土) 00:35:16
  • [編集]

ネイティブさんに直してもらったんですか?それは、理想的ですね!うらやましい。
さっきは書き忘れたんですが、英検がんばってくださいね!NICKとCARRYとsatが応援しています(笑)

  • 投稿者: sat
  • 2005/06/04(土) 00:43:56
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。