スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W52Tレビュー(3)液晶編の2

  • 2007/04/09(月) 21:22:00

W52Tの3インチワイドVGA液晶には満足している。

でも、800×480ピクセルの解像度を存分に活用できるのはEZナビウォークとPCサイトビューアーのみ。これらの利用時は高解像度のディスプレイを存分に享受でき、W52Tを買って良かったと思える瞬間である。ワンセグでも全画面表示できるので満足。ワンセグも3インチならば結構いける。←我が町にはワンセグがきてないので、都市部まで出かけたときに録画して、それをみんなに見せている(笑)

詳しくは、ワイドVGA表示はどこまで有効?──「W52T」 ITmedia+D mobile

その辺については、ITmediaあたりで事前チェックしていたので知っていた。だが、実際使ってみてから気づいた「不都合な真実」が2つあったのでしるしておくことにする。

不都合な真実①
EZアプリでは3インチ画面をフル表示できない。

ワイドVGAでは端末上部が余ってしまって、EZアプリの画面上の1/5程度にauの広告が入る。どうやらアプリのほうが3インチ表示に対応してないようだ。おかげで前に使っていたP701iDの2.2インチ画面と表示面積が同じくらいで、なんのための3インチ液晶かわからない。P701iDでマーケットスピード(楽天証券のアプリ)が見づらくて携帯を変えたといっても過言ではなかったのに、はなはな残念である。ちゃんとITmediaをチェックしてれば書いてあったのに見逃した自分の責任である。

ケータイでマンガを見る場合も注意が必要である。マンガビューワーによって3インチ全画面フル表示できるものとできないものがある(普通のケータイならば問題ないのかもしれないが、へたにワイドVGAを搭載してるため不都合が生じているようだ)。

全画面表示できるのはXDMF Book Viewer。できないのはBookSurfing。集英社でやっているマンガカプセルはXDMFなので全画面表示できる。でもNTTソルマーレでやっているコミックシーモア(国内最大のケータイコミックサイト)は、Booksurfingなので全画面表示できない。いくら国内最大サイトでも画面最大で閲覧できなければ困ります(ただし普通の携帯の画面では、普通に全画面表示で見れると思います)。

あと徳間書店モバイルもXDMFなので全画面表示できるが、マンガではなく小説である。

不都合な真実②
文字がシャレにならないくらい小さい。本当に小さすぎて読めない。

800×480ドット・ワイドVGA液晶搭載とは、つまり文字が非常に小さく表示可能であることを意味する。それは自慢できるポイントなのだが、PCサイトビューワーのメニューが読みづらい。イヤ・本当に読めないのでショックを受けた。初めて老眼を疑いはじめた。

PCサイトビューワーのフォントを大に設定しても、メニューは小さいまま。その度に老眼を自覚させられて、はなはだ不機嫌になってしまう。←若い人には関係ない話だけどね、オレにとっては切実(笑)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。