スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハガレン・スパナチュ・プリズン 男兄弟の物語

  • 2007/04/18(水) 21:43:44

鋼の錬金術師を見終わった。ついでに劇場版までレンタルして見た。

途中で思ったんだが、「24」に似ていると思った。どこが似ているかと言うと「どんでん返し度合い」である。どちらも新たな事実が毎回毎回でてきて、一度見逃すとついていけなくなる。「24」などは「どんでん返し命」みたいで、途中で「しつこい」と感じたものである。それに比べてハガレンはストーリーがシッカリしていたので良いでしょう。作者は真面目な人なんだろうと思いながら見てました。

プリズンブレイクはテレビ放送で楽しく見ていたのだが、信じられないほど中途半端な最終回だった。まるで最終回の1話前の終わりかた。あまりに中途半端なので、日本のテレビ局の編成上の都合で勝手に打ち切りになったと思った(本気)。レンタル店に続きを借りに行って、ようやく本当に最終回だったと分かった(笑)あれはセカンドシーズンにつなげる作戦なんだろうが、納得できない。納得できないがセカンドシーズンの1話だけは見ておこう。

この間見終わったスーパーナチュラルも、すごい最終回だった。日本ではありえない最終回。これもまた、セカンドシーズンにつなげる終わりかたなんだろうが、これは納得できる。アメリカではセカンドシーズンを放送中で、日本でも2007年8月リリース予定。こちらは必ず見る予定。

それにしても、ハガレン・プリズンブレイク・スーパーナチュラル、全部兄弟の物語であることが気になっている。男2人兄弟は物語になりやすいのであろうか?女じゃダメなのか?姉妹の物語って何かあったかな?「ふたりのロッテ」くらいしか思いつかない(マイナーか?)。

もうひとつ気になったのが、スパナチュを除いてどちらも兄弟仲が良すぎること。気になるほど仲が良い。あそこまで仲が良い理由は設定上あるが、それにしても見ていて気になった。それに比べて、スパナチュの兄弟関係は見ていて自然である。「それってあるある」と思えて微笑ましい。

ついでにもうひとつ気になったのが、日本人の兄弟なら「間宮兄弟」になってしまうのに、欧米人だとカッコ良く見えてしまうのはナゼ(笑)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。