スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康問答 本当のところはどうなのか? (五木 寛之 帯津 良一 )

  • 2007/09/21(金) 21:43:33

健康問答 本当のところはどうなのか? 本音で語る現代の「養生訓」。

メタボ脱出したは良いが、その結果体調が良くなったとは言えない。むしろ体調がすぐれない。疲れやすくなった気がする。ちょいメタボの方が、気力・体力・持久力・免疫力が高かった気がしてならない。

ちょっと太めの方が長生きするのは知っていて、覚悟の上のメタボ脱出だった。それをいまさら不満を言っても仕方がないが、それでも理不尽感は残る。

そんなこともあって、健康について常日頃から考えるようになった。

そこで、この本を立ち読みした(立ち読みでスミマセン、読んでない本が部屋中に積んであるので買う気にならなかった。すべて老眼が悪いんですw)

読んでみて思ったことは、中庸が大事であること。そして健康情報に振り回されること無く、自分の体に聞くことが大事であること。そう、個人差が大きいのだから、いろいろ試してみて、その結果を自分の体に聞くことが大事なのである。今更ながらそう思った。

今日は、4週間ぶりで水泳教室に参加した。

たまに参加すると楽しい。今日は手にブレード?をつけてクロールの練習。むずかしいが面白い。教室が終わって外に出ても、体がポカポカと温かく全身に心地よい疲労感。この教室では、1時間の半分は水中ウォーキングに費やすのが不満だったが、この程度の運動強度が自分には合っているようだ。

この本の中では、健康のためにムリな楽しくない運動をすることを批判していたが、「楽しいと思うことなら続ければいい」とも言っていた。自分にとっての水泳教室を、自分の体に聞いてみれば、楽しく体調も良くなる事なので続けたほうが良いと言うことだろう。

まだ分からないのが、自分にとっての適正体重。もうちょっと太った方が、ベストな体調になる気がする。だけど脂肪をつけても仕方ないし。筋肉で太れば良いのかな?

BlogMeter用データ
体重【61.6】kg ウエスト【83.5】cm  ←太ってきた。なんだかんだ言ってもリバウンド怖し。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。