スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一度も植民地になったことがない日本(デュランれい子著)

  • 2007/10/05(金) 21:18:06

一度も植民地になったことがない日本 (講談社+α新書)
タイトルにひかれて、面白そうなので買ってみた。
でも、期待はずれだったかもしれない。イヤ、期待とは違っていただけなのだろう。30年以上ヨーロッパで住んでいる人の良く出来たエッセイである。

心に残ったポイント
マスターズ・カントリー(ご主人様の国)
植民地経験したアジア・アフリカ諸国の人は、当然日本にもマスターズカントリーがあると思っているとのくだりが心に残る。日本は植民地になってないので、当然マスターズカントリーを持たないが、それは稀有なことであったのだ。アジア・アフリカ諸国ではマスターズカントリーを持っていて当然なのが現実であった。

このような内容で一冊書いてくれれば大満足だったのだが、そうではなかったのが残念。つまるところ、このタイトルをつけた(たぶん)編集者の人の責任が問われるだろう。
 
BlogMeter用データ
体重【62.2】kg ウエスト【84】cm

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。