スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話し上手は「相づち」が9割 (吉田 たかよし著)

  • 2007/10/08(月) 21:45:23

話し上手は「相づち」が9割 (宝島社新書 239)
内容はまさにタイトルどおりである。
帯にも「アナウンサー・政治家秘書・医師として鍛えた話し上手が教えるコミュニケーションの真髄」とあるが、まさにそのまま。

「話し上手より聞き上手」=「相づち上手」ということで相づちの重要性を強調しつつ、具体的に有名人を上げて説明をしてます。

松平定知アナの相づちアクション・草野仁アナの静的相づち・田原総一郎さんの誉める相づち・田中角栄の相づち上手・明石家さんまの話の沸点を高める相づち・国谷キャスターの要約+質問相づち・・・

9割がたは納得できる内容。納得できない1割とは、上手に話すことの重要性を軽視してること。やはり「話せてナンボ」である。この間読んだ「一度も植民地になっとことがない日本」の中でも「ヨーロッパでは何も話さない人は、何も考えていない人と決めつけられる」のでとにかく発言することの重要性を強調してました。なにも外国を持ち出すまでもなく、ここ日本でも同様だと日々実感している身なのですよね。別な角度で言えば「沈黙は銀だが、あくまでも雄弁は金であることを忘れないように」と言うことである。

でも相づちが重要なのは納得済み。

特に「ミットを鳴らすトーク」「要約+質問+相づち」などのくだりが良かった。

読んでとっても得をした本でした。

話はそれるが・・・
最近は「9割」とつくタイトルが多いですね。アマゾンで検索すると『人は見た目が9割』『人は「暗示」で9割動く!』『人は「話し方」で9割変わる 』
この本は、9割シリーズ第4弾にあたるんだろうか?

最後に~
じつは数ヶ月前に読んだのだが、内容はすっかり忘れていた。小気味いいほど忘れている。そのためもう一度読み直したのであった。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。