スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グーグル・ツール・バー3

  • 2005/07/14(木) 15:17:53

「ぐぐる」が日本語になって普及してきた今日この頃、グーグル・ツール・バーをバージョン3にしてみました。グーグル・ツール・バーをご存知でしょうか?無料ソフトでして、インストールすると、IEのツール・バーの一部みたいな顔して、いつでも、検索できて便利なソフトです。”ぐぐって”ばかりの私には、無くてはならないソフトなのです。

バージョン3の目玉機能は、「マウスオーバー辞書」。ブラウザの画面上の単語にマウスカーソルを合わせるだけで、その日本語訳がポップアップされる機能です。マウスオーバー辞書は、有料ソフトでは昔からあるし、実際自分のパソコンにも入ってます。でも、なんかパソコンが重くなるし、正直うっとうしいので、使ってません。だって、間違ってカーソルが英単語に触ると「desk→机」「internet→インターネット」とか勝手にポップアップされちゃいます。いくらなんでも、deskやinternetは知ってます。ツールバーなら、うっとうしくなれば、すぐオフにするだけです。他にも「スペルチェック」機能もあります。まだ使ってみてないですが、文字通りスペルミスが無いかチェックしてくれます。どちらも、お気楽に使えそうなのでバージョンアップしました。お気楽がポイントです。

それにしても、最近のグーグルは元気です。先日、新サービス「デスクトップ検索 」を読売の一面広告で告知。パソコン雑誌では大きな話題になってましたが、一般の新聞で一面広告は驚きました。その他、今日から「Google ローカル」と「Google マップ」の2つのサービスを日本で提供開始してます。

ちなみに、まだ、バージョン3はベータ版(完成品に近い状態の開発途上版)なので、ご注意ください。それと、インストールする時「拡張機能を有効にする(匿名情報がグーグルに送信されます)」を選ぶんですが、なんかちょっとイヤな気もします。でも、今までの経験上、気にしないでインストール。今回は、インストール終了後、辞書ダウンロードがあります。それが、むやみに時間がかかって壊れたかと思ったくらいでした。

さて、ここからが、今日の話の本題です。
(↑本題なんて、あったんですね。自分で書いててビックリですw)
パソコンやインターネット技術の向上によって、どんどんパソコンによる翻訳技術が進んできてます。パソコン翻訳以外にも、例えば携帯電話を使って、「(もちろん音声で)こんにちは」(日本語)⇒(センターで自動翻訳)⇒「Hello」(英語)と相手の電話には聞こえる技術も開発中です。(実用試験中かも?)
今はまだ、実用性に乏しい機械翻訳ですが、これから10年後、20年後はどうなるんでしょうね?英語がせっかく出来るようになっても、必要性が低くなるような気がしてしまいます。まぁ、落ち着いて考えれば、どんなに技術がすすんでも、直接英語で話せることは大事ですけどね。でも英語を勉強していると、なんだか、気になりませんか?

今日のお話は「便利になるのは歓迎するけど、あんまり進みすぎるのは考えものかも?」ってことです。・・ただ、それだけ。今日は、頭に浮かんだことを、ちょっとだけ英語関連の話につなげて、あんまり考えずに書きました。ほとんど独り言ですね。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。