スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超入門(33)はじめての、パート7

  • 2005/07/22(金) 23:46:05

今日は、ようやくTOEIC PARTⅦ 読解問題です。
よく知らないんですが、とにかく、聞くんじゃなくて、読むんですね。
いままでずっと、同じことの繰り返しに飽きてたんで、ちょうど良かったです。
毎日、毎日、3つの短文を
「リスニング→シャドウイング→音読→音読筆写→ディクテーション」
と繰り返してました。
さぁ、どんな学習になるんだろうと、期待してみれば..

「リスニング→シャドウイング→音読→音読筆写→ディクテーション」

・・・・同じでした。
超入門クンは、「学習方法にブレなし」です。

でも、いいのか?
読解用にもっと問題文の量を増やしたほうがいいんじゃないの?
「リスニング→シャドウイング→音読」しないで、文章量を増やした方が、パートⅦ対策になるのでは?

あと、この際だから書きますが、最後のディクテーションは、無駄な気がずっとしてたんです。だって、たった今1つの短文を、4回聞いて、8回音読して、尚且つ3回も書いてるんですよ。そのくらいやれば、その文章は短期記憶に入ってます。それをディクテーションしろと言われても、・・・聞かなくても答えられます。聞かないで全問正解。こんなんじゃディクテーションやる意味がないと思ってます。

・・・と文句を言いつつ、男は黙って勉強です。

<<<<<   超入門TOEIC テスト・トレーニング PARTⅢ レッスン48・49 終了   >>>>>

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。